入学試験の傾向

受かるためのテクニック

面接

受験生一人一人の個性を的確に把握して、質の高い生徒を確保したいと考えるのが、高校入試の担当者に見られる共通点です。
特に学力試験に加えて、一人当たり5分から10分程度の時間をかけて面接を実施するのが、最近の高校入試の特徴といえるでしょう。
中学時代に取り組んだことや、読書の傾向が代表的な質問の内容ですが、面接では志望動機を聞かれるケースも多いです。
受験した理由を質問された時には、高校のカリキュラムや部活動の魅力について簡潔に答えると、面接の担当者に好印象を与えられるでしょう。
そして大学進学に力を入れている学校が増えている事情もあり、高校入試の面接で、受験生に対して卒業後の進路について質問する傾向が強いです。
確かに高校を受験する段階では、将来の進路を考えていない中学生もいますが、高校入試に向けて明確な考えを持つべきです。
中学生の早い段階で大学進学について真剣に考えたり、希望する職業についてのイメージを持つと、高校進学後も目的意識を持って学習できるでしょう。
一方で面接試験を重視するのが推薦入試の特徴であり、受験生に対して様々な質問をして、勉強やスポーツで一芸に秀でている生徒を確保するのが流行です。
とりわけ英語や数学などの知識を、面接の質問を通じてチェックするのが、大学進学率の高い高校に見られる傾向です。
また単に生徒の学力を確認するだけではなくて、協調性もチェックしたいときにはグループ面接が実施されます。

事前に準備を万端に

面接

志望校合格の為には学力アップはもちろんのこと、面接での質問に対して上手に受け答えられるかどうかの対人力が必要となります。
事前によく質問されることを把握しておくことで、高校入試で慌てずに対応することが出来ます。
高校入試の面接で、よく聞かれる質問について説明します。
まず多くの高校入試の場で、最初に聞かれる質問は高校への志望動機です。
入学してどんな生活を送りたいのか、自分なりの答えでしっかりアピールしたいところです。
面接は多くの学生が、面接官と相対する場です。
1人1人にそれほど多くの時間はかけられない為、志望校への動機を最初に尋ねてその後中学校時代の生活態度や部活動などの話に移るケースが多いです。
他に面接の場で多く聞かれるのが最近起きた政治やスポーツや、世界情勢についてなど様々なニュースについての質問です。
最近起きたニュースについて自分がどう感じたのかを、面接の場でチェックしています。
日頃から新聞やテレビやインターネットを使って、ニュースを見る習慣をつけることをおすすめします。
面接官がチェックしているのはただ単に答えだけではなく、質問に対して臨機応援な対応が出来るか自分の考えをしっかりと話すことが出来るかといった部分です。
質問されて慌てるのではなく一呼吸置いて、丁寧にはっきりと受け答えることが出来れば大丈夫です。
高校入試突破の為には自分なりの答えがすんなりと出るようにそして、返事はしっかりと相手の目を見て言えるように練習を何回かして本番に望むとよいです。

聞かれやすいことを把握

面接

高校入試の面接対策は、何を質問されるかを事前に予測しておくことが大切です。
面接官に質問された時にどう答えるかを考えるのではなく、あらかじめ質問されやすいことを把握して、どう答えるかをシミュレーションをしておくと良い結果に繋がることでしょう。
高校入試の面接で最初に質問されることが多いのが名前、出身中学校名、受験番号があります。
これは自己紹介のようなもので回答に困るということはありませんが、ハキハキと明るく答えるようにすると好印象を持たれやすいです。
出身中学校名を答える時は公立、私立を頭につけ忘れないように注意しましょう。
高校入試の面接は第一印象が重要ですので、服装や髪形などの身だしなみにも注意を払っておきましょう。
自己紹介の後に質問されやすいことにはなぜ当校を志望したのかという志望動機、中学校の三年間で一生懸命取り組んだこと、中学校で思い出に残ったことなどがあります。
志望動機はその志望校でしか出来ないことを念頭において回答を考えてみましょう。
校風や部活動などでその志望校で学びたいことややりたいこと、卒業後の進路などを具体的に回答できるように備えておきましょう。
次に中学校で取り組んだことや思い出として残ったことには学習、部活、文化祭や修学旅行などの学校行事を中心に回答を考えてみましょう。
ボランティアなど中学校以外のことにも取り組んだことがある場合は、そのことも高校入試の面接でアピールしてみましょう。

進学先に悩んだら

大学生

大学進学を検討しているのであれば、エフラボという進学サイトを確認しましょう。エフラボでは、教授の自己紹介やその教授の研究内容が記載されています。エフラボを参考にして、早めに進学先を決定しましょう。そうすれば、受験対策を早めにスタートできます。

もっと読む

入学や編入の申し込み方

学生

スポーツや資格など高校生のうちに叶えたい夢があり、学業と両立させたいという方や不登校や現在の学校に馴染めないという方にオススメなのが通信制高校です。通信教育とスクーリングを併用して高校卒業の資格を取得出来ます。福岡県内には多数の通信制高校があります。

もっと読む

最適な環境での勉強

男性と学生

塚口の個別指導は、先生一人に生徒は1から3人ほどの少人数で授業を進めます。そのため、質問がしやすく理解が深まる特徴があります。また生徒の苦手とするところを重点的に指導していきます。時間割も個人に合わせて作成するので、習い事や部活動を大事にしながら通えます。

もっと読む